古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

HELIAR classic 50mm f/1.5レンズ

久々に写真家セイケトミオ(清家冨雄)さんの写真作品をネット上で拝見することができた。9月にコシナから「HELIAR classic 50mm f/1.5」レンズが発売される。その写真作例にセイケトミオさんの作品が5点載せられている。このレンズの説明をコシナのサイトから引用する。

レンズ構成はヘリアタイプをベースとする3群6枚で、F1.5の大口径を実現。現代レンズにないクラシカルな写りを追求し、あえて各種の収差を表出させる光学設計を採用しています。飛び道具的ではなく飽きのこないボケ味に加え、残存させたコマフレアとレンズへのシングルコーティング仕上げにより、極めて個性的な絞り開放描写が得られます。この傾向は絞り込むことで減少し、絞りF4からは他のフォクトレンダー製VMマウント50mmレンズと同等の性能を発揮します

 とある。開放付近の写りには、コマフレアを残存させ、ライカのオールドレンズを思わせる表現に近づけたようなイメージである。レンズ構成を見ると、ライカのヘクトール50㎜ f/2.5レンズを思わせる。二枚貼り合わせの三群という構成が見逃せない。興味深いレンズだと感じるし、写真作品を見ていると暗部の粘りが美しいと僕は感じる。セイケさんの作品を見て、もう閉じてしまわれたブログ「b-road」を思い出してしまった。

僕が持っている写真集の一つに、セイケトミオさんの「PORTRAIT OF ZOE」がある。日本で偶然出会った女性Zoeを東京・パリ・ニューヨーク・ロンドンで5年にわたって撮り下ろしたモノクロームポートレート集である。主にSummilux 35mm f/1.4レンズとNoctilux 50mm f/1.0レンズで撮られている。特に光の捉え方が素晴らしいと感じる写真集である。

f:id:hasselblaphoto19:20210817210547j:plain

セイケトミオ「PORTRAIT OF ZOE」写真集