古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

薬師寺

薬師寺鬼追式_2024(その5)

薬師寺鬼追式_2024(その5) 薬師寺の鬼追式のクライマックス。鬼たちが松明を揺らして火の粉をまき散らす。漆黒の夜の空間に火の粉が舞うシーン。ある意味幻想的ともいえるシーンであった。 撮影機材:LeicaMMonochrom(Typ246)+Leitz Summarit 50mm f/1.5 …

薬師寺鬼追式_2024(その4)

薬師寺鬼追式_2024(その4) 薬師寺鬼追式がさらに進む。クライマックスは5匹の鬼が登場して暴れまわるシーン。今年は舞台の上で松明を振り回し、柵などに叩きつけながら火の粉を散らして暴れて回っていた。昨年は間近で鬼が暴れるシーンを見ることができ…

薬師寺鬼追式_2024(その3)

薬師寺鬼追式_2024(その3) 薬師寺鬼追式の続き。松明に火が点けられ、その煙が境内に充満する。後ろを振り返ると薬師寺東塔がライトアップと煙で幻想的に浮かび上がっていた。その瞬間を撮影した。 撮影機材:LeicaMMonochrom(Typ246)+Leitz Summarit 50m…

薬師寺鬼追式_2024(その2)

薬師寺鬼追式_2024(その2) 薬師寺の鬼追式が始まろうとしているところ。今年は大きな四つの松明と鬼が暴れる用の舞台が設置されていた。このシーンは松明に火がつけられ、いよいよ始まろうとしているところ。撮影するにあたっては舞台が高い位置にあった…

薬師寺鬼追式_2024(その1)

薬師寺鬼追式_2024(その1) 先月末に薬師寺鬼追式に行ってきた。奈良の毎年恒例の行事である。写真は、薬師寺東塔を取り囲むようにぐるりと配置された献灯の小さな灯りを撮影したものである。それぞれにその方々の思いが書かれていて、この行事の大切さを…

薬師寺の鬼追式_2023(その2)

薬師寺の鬼追式(その2) 薬師寺の鬼追式の一幕。背景の西塔と鬼がマッチしているように感じたシーン。松明が勢いよく燃えており、その強めの光で鬼が幻想的に浮かび上がっている。鬼は人間の弱みを表しているという。薬師寺の鬼追式は、年度末最後の日にあ…

薬師寺の鬼追式_2023(その1)

薬師寺では、毎年3月末に一週間に渡って花会式が行われる。東大寺のお水取り(修二会)の薬師寺バージョンの修二会であり、その花会式の最終日にあたる3月31日に、法要の結願を飾るのが『鬼追式(おにおいしき)』である。 午後8時半になると5匹の鬼たち…

ライカのレンズの好みが「変わった」

今週のお題が「変わった」となっていたので、久々にライカのレンズに関する記事を書いてみる。 ライカのレンズ沼は恐ろしいものである。ライカのレンズの悪いところ(笑)は、色々なレンズを一つのカメラで試してみたくなるところである。好奇心が止まらないと…

本薬師寺の西塔跡にて

本薬師寺の西塔跡 手前に見えるのが本薬師寺の西塔の跡。今は心礎しか残っていない。発掘調査によれば、これは奥に見えている大きなクスノキの木が立っている東塔跡に残る心礎とは石の種類が違っていて、後から据えられたもののようである。この心礎には丸い…

薬師寺境内の枯れ紅葉

薬師寺境内の枯れ紅葉 秋の紅葉の季節も過ぎて、すっかり冬景色に変わりつつある境内。綺麗だった紅葉もすっかり色褪せている。そんな枯れた紅葉に日が射し込んでいるワンシーン。奥には薬師寺東院堂の一部が写っている。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246…

薬師寺の中門の木柱

薬師寺中門の木柱 薬師寺中門の木柱の一つを撮影。境内にあっては、比較的新しい柱であるが、それでも既に30年以上は経過していると思われ、朱塗りの部分が剥げてきている。その経年変化もモノクロームでは美しいと感じてしまう。Jupiter-8 50mm f/2レンズの…

薬師寺回廊木扉の閂

薬師寺回廊木扉の閂 薬師寺の西塔近くにある回廊の木扉の閂を撮影。朱色の扉が、モノクロームでは、落ち着いたグレー色に統一される感じがある。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。 人気ブログランキング

薬師寺中門に置かれた線香

薬師寺中門に置かれた線香 撮影は薬師寺中門にて。大きな香炉にお線香を手向ける場所。それが流儀なのか、お線香の束を取り、そのまま火をつけて手向ける方がおられた。香炉が巨大なだけにその方がバランスが取れていると感じた。撮影機材は、LeicaMMonochro…

薬師寺境内に置かれた礎石群

薬師寺境内の礎石群 薬師寺の與樂門をくぐって真っすぐ進み、左へ曲がってさらに進むと東僧房の向こうに写真の礎石群が置かれている。説明書きが何もないので、この礎石群は、どの建造物のものなのか知らない。まだ復興できていない往年の建造物があり、その…

雨上がりの薬師寺境内にて

雨上がりの薬師寺境内にて 雨上がりの薬師寺境内を撮ったワンシーン。このレンズの背景のボケ味がなかなか良いと思う。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。 人気ブログランキング

薬師寺の大燈籠から望む西塔

薬師寺西塔と大燈籠 薬師寺の大燈籠越しに西塔が重なる場所。西塔の横には大きな松が存在感を放つ。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。 人気ブログランキング

薬師寺大講堂の木扉

薬師寺大講堂の木扉 釘隠しが整然と並んだ大講堂の扉。薬師寺境内にて撮影。撮影機材は、撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。人気ブログランキング

雨上がりの薬師寺境内の松の葉

雨上がりの薬師寺境内の松の葉 モノクロームの写真を撮っていると、松の葉は被写体としてよく映えると感じる。特に雨のシーンの松の葉が個人的に好みである。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。Jupiter-8 50mm f/2レンズは、ラ…

薬師寺金堂前の大きな灯籠

薬師寺金堂前の大きな燈籠 写真は薬師寺金堂の前に配置されている大きな燈籠である。東大寺の大仏殿の前にも同じような巨大な燈籠が置いてある。燈籠の側面のレリーフには美しく鮮やかな仏様が刻まれている。撮影機材:LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50…

薬師寺玄奘塔近くの建造物

薬師寺玄奘塔にて 薬師寺玄奘塔のメインの建造物は、法隆寺東院夢殿と形が似ている。デザイン的にバランスがとれていて大変美しい。 撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Aspherical 人気ブログランキング

薬師寺大門と東塔の頂上部

薬師寺大門と東塔の遠景 中央に見えているのは、薬師寺東塔の頂上部。歴史を感じさせる土壁が長く続いており、背景の東塔がアクセントを与えている。 撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。 人気ブログラン…

薬師寺両塔の遠景

薬師寺両塔の遠景 薬師寺東塔と西塔を大池から撮影した。古代のツインタワーは、日没後のライトアップの仄かな光を浴びて美しく浮かび上がっていた。撮影は90ミリレンズ。もう少し望遠で撮影してみたい。暗い中での撮影だったので、LeicaMMonochrom(Typ246)…

薬師寺回廊の陰影(その4)とレンズ比較

薬師寺境内の回廊にて(50mmレンズで撮影) 上の写真が、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalで撮影したものである。50mmレンズは人間の眼に近いと言われ、標準レンズの代表であるが、僕も最も50mmの画角が好みである。またNO…

薬師寺境内の名を知らない花

薬師寺境内にて 薬師寺に咲く白く小さな花。名前は分からない。白式部だろうか。違うかもしれない。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。 人気ブログランキング

90㎜レンズで撮影した薬師寺東塔

薬師寺東塔 いつもは90㎜レンズであまり撮影しないが、龍王社付近から撮影した90㎜レンズによる薬師寺東塔はなかなか迫力があった。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+Wollensak Velostigmat 90mm f/4.5である。 人気ブログランキング

薬師寺回廊の陰影(その3)

薬師寺回廊の陰影(その3) 夕刻の薬師寺回廊の陰影(その3)。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+Wollensak Velostigmat 90mm f/4.5である。 人気ブログランキング

どこから見ても美しい薬師寺東塔

美しい薬師寺東塔 薬師寺東塔は古都奈良の建造物の中にあって大変な傑作だと思う。どこから見ても美しく、シンメトリックであり、バランスが取れている。特にメリハリの利いた各層の裳階が良いアクセントになっている。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+Wo…

薬師寺大講堂の陰影

薬師寺大講堂の陰影 薬師寺の境内にあっては比較的新しい建造物である大講堂。夕刻の陰影を撮ってみた。11月になってもまだ日射しが強めの日であった。 人気ブログランキング

薬師寺東塔の古材の墨字(大斗)

薬師寺東塔の古材 写真は、以前も投稿したことのある薬師寺東塔に使われた古材の展示品の一つ。名称は「大斗(だいと)」と呼ばれ、横方向の木材を掴むように支え、薬師寺東塔の各層の重い屋根を支えてきたものである。写真中央に書かれている墨字は、明治の…

薬師寺東塔の竜車

薬師寺東塔の竜車 薬師寺東塔の相輪部分には、最も最上部に宝珠と竜車という写真のような形をした球体が備え付けられている。蓮の葉のようなイメージである。宝珠は、仏舎利(釈迦の骨)が納められるところであり、竜車は奈良時代から平安時代の高貴な者の乗…