古都の名残を求めて

ハッセルブラッドで奈良をフィルム撮影したモノクローム写真のブログです。

耳成山遠景

藤原京は,持統・文武・元明と三代の天皇の時代に使われた都で,かつては藤原宮跡がどこにあったかという長い論争がなされた時期がありました。『萬葉集』に収録された「藤原御井歌(みいのうた)」によれば,藤原宮が耳成山畝傍山・香具山の大和三山に囲まれていることがうかがえることから,おおよその位置は見当がつけられていました。実際に昭和九年から開始された発掘調査でこういった論争に決着がつけられました。この「藤原御井歌」とは以下のような歌です。この歌は藤原京を讃える歌として詠まれたもので作者は不詳です。長歌と短歌がありますが,ここでは長歌のみ取り上げてみます。

 萬葉集 巻一 五十二番の長歌

やすみしし  わご大君(おおきみ) 高照らす 日の皇子 あらたへの 藤井が原に 大御門 始めたまひて 埴安(はじやす)の 堤の上に 在り立たし 見(め)し給へば 大和の 青香具山は 日の経(たて)に 大御門に 春山と 繁(しみ)さび立てり 畝火(うねび)の この瑞山(みずやま)は 日の緯(よこ)の 大御門に 瑞山と 山さびいます 耳成(みみなし)の  青菅山は 背面(そとも)の 大御門に 宣(よろ)しなべ 神さび立てり 名ぐはし 吉野の山は 影面(かげとも)の 大御門ゆ 雲居にそ 遠くありける 高知るや 天の御影 天知るや 日のみかげの 水こそは  常(とこしへ)にあらめ 御井(みい)の清水(ましみず)

訳:日の皇子である大君が 藤井が原に宮殿を 造り始めて埴安の池の堤の上に立ち しばしご覧になられたが 大和の緑の香具山は 春山らしく東門にこんもり茂って立っている 畝傍の山は瑞々しい 瑞山として西門に山里らしくそこにある 青くすがすがしい山の耳成山は 北門にいかにもふさわしいように 神々しくも立っている 名の美しい吉野山は南門から空遠い天にそびえる宮殿の 水は豊かに永遠に湧くよ御井の清水に

ここに大和三山が詠み込まれていることが,藤原宮の位置を考える手がかりとされてきました。

下の写真は,香具山の麓,天香山神社へと続く道から見た耳成山の遠景です。Hasselbrad 503CXとPlanar 80mm f/2.8レンズで撮影しています。右手に見える耳成山とさらに遠い山々の稜線がきれいでした。

香具山の麓から見た耳成山

 

本薬師寺跡で南門跡が見つかる

薬師寺跡に関する新しいニュースが今日飛び込んできました。現在の西ノ京にある薬師寺の東塔について,前回記事を書きましたが,その前身にあたる藤原京時代の薬師寺であった本薬師寺跡で正門にあたる「南門」の跡が発見されたとのことです。これまでの調査で金堂や東塔,西塔,中門などの跡が確認されていましたが,南門は未発見でした。本薬師寺天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を願い建立を始めた官立の寺院であり,当時の藤原京では大官大寺平城京に移転後は大安寺となります)とともに双璧をなしていました。どちらも当時の境内は大規模であったことが分かっていて,今回の発見はその研究をさらに裏付ける形となりました。この南門跡では,およそ5メートル間隔で柱を据えていたと見られる穴の跡が三つ確認されました。このことから東西におよそ15メートルの幅を持つ大型の門が建っていたと考えられます。中門より南門の方が大きいという奈良時代以降に見られる特徴も持っていることが分かり,さらなる研究に期待が膨らみます。この南門跡で出土した飛鳥時代の瓦の一部は、29日から「歴史に憩う橿原市博物館」の特別展で展示されます(会期は12月15日まで)。下の写真は本薬師寺跡に残る礎石の一部です。かつての栄華を感じさせるその存在感に惹かれ,ハッセルブラッド503CXとPlanar 80mm f/2.8レンズで撮りました。奥に広がるスムーズなボケ味がこのレンズの持ち味です。

本薬師寺跡の礎石群

youtu.be

 

薬師寺東塔について

薬師寺跡の記事の関連で,今回は薬師寺東塔についてです。先日,国宝・薬師寺東塔(奈良時代)を覆っていた素屋根の撤去作業が進められ,解体修理を終えつつある薬師寺東塔の美しい姿が公開されました。また一部覆われるところも出てくるようですが,僕にとっては待ちに待った東塔の姿でした。薬師寺東塔の解体修理は,明治時代の1898~1900年以来で、前回の修理から約110年ぶりのものとなっています。今回の解体修理は2009年(平成21年)に始まり,2012年(平成24年)に一度解体修理の工事の様子が一般公開されており,僕はこのとき興味があったので,見学に行ってきました。下の写真がその時の様子です。まだ,心柱を継ぎ足す前の時期の写真です。「500px」という写真投稿サイトにアップしていました。

The West Pagoda by Hiro .M500px.comその後,今年の4月末からゴールデンウィークにかけて解体修理現場が一般公開され,こちらにも行ってきました。この「東塔」は薬師寺の建築物としては最も古い天平2年(730年)頃に建立されたとされる築1300年という大変歴史の長い建造物です。塔の構成は三つの裳階があるため,六重塔に見えますが,実際は三重塔です。興福寺の三重塔と違って,裳階がある分,メリハリの利いたデザインになっていて,再建された薬師寺西塔ともにツインタワーとしての美しさも堪能できます。2020年(令和2年),いよいよ「国宝薬師寺東塔 大修理 落慶法要」が4月22日から執り行われます。とても楽しみです。下の写真は,5月初旬に撮影した解体修理現場の様子です。ハッセルブラッド503CXとPlanar 80mm f/2.8レンズで撮影しました。修理現場の最上階から新調された屋根瓦を見下ろした様子です。

薬師寺東塔の解体修理現場

興福寺北円堂の公開

今年5月に一般公開された興福寺北円堂ですが,再び10月17日(木)から国宝の仏像とともに一般公開が始まります。北円堂と同時に南円堂も公開されることは中々ない機会だと思います。北円堂は,興福寺創建者藤原不比等の一周忌にあたる養老5年(721)に,元明太上天皇元正天皇長屋王に命じて建立させました。治承4年(1180)の被災後、承元4年(1210)頃に再建され,興福寺の中では,最も古くから残る建造物の一つです。八角堂のシルエットの美しさと落ち着いた佇まいが古都の名残を感じさせます。5月の公開時もそうでしたが,仏師運慶作の無著像・世親像が今回も公開され,内陣の独特な美しさを堪能できます。ちなみに無著像・世親像の祖師像は再建された興福寺中金堂の法相柱にも描かれています。下の写真は,5月にハッセルブラッド503CX撮影した北円堂の格子窓です。木の質感と天平時代の建築様式にその時間の流れを感じました。使用レンズはPlanar 80mm f/2.8です。

興福寺北円堂の格子窓

 ツイッターでこちらの記事を見つけました。

 

本薬師寺跡と万葉歌碑

薬師寺跡は,藤原京時代の薬師寺の境内の一部が残っている場所です。その後,平城京遷都とともに,現在の西ノ京の薬師寺のある場所へ移転しました。現在の本薬師寺跡にはいくつかの本堂の礎石が残されているのみです。その並べられた礎石を見るたびに僕は古都の繁栄の名残を感じます。この小さな寺院は近鉄畝傍御陵前駅から歩いて15分ほど行った場所にあります。駅の反対側には大和三山の一つである畝傍山が聳え,その近くには神武天皇陵があります。本薬師寺跡からは,畝傍山の美しいシルエットを望むことができ,付近では夏にホテイアオイや蓮の葉が開花して写真好きな方たちの撮影スポットになっています。

ところで,橿原市内及び市周辺には32基の万葉歌碑が置かれています。本薬師寺跡にもこの一つが置かれていて,

萬葉集 巻三 

-----------------------------------------------

忘れ草 わが紐に付く 香具山の 古りにし里を 忘れむがため

という大伴旅人の歌が刻まれています。 

訳:忘れ草を,私は着物の下紐につけて,青春を過ごした天香具山の麓の故郷への思いを忘れよう。忘れ草は,花を身に着ければ,悲しみ,憂いを全て忘れられるから。

この当時,大伴旅人大宰府に在って,故郷への慕情を断ち切りたいとの心情を詠んだ歌とされています。この万葉歌碑については,万葉集研究に生涯を捧げた犬養孝氏の功績が大きく,犬養氏は万葉の景観をまもるため、万葉故地が乱開発される現状に抗議し,日本全国の万葉故地に所縁の万葉歌を揮毫した「万葉歌碑」を建立し,万葉のふるさとである飛鳥(明日香村)の古都保存に尽力をされました。その努力があって,僕も今こうした古都の景観を観て,写真撮影ができるのだと大変感謝しています。

下の写真はHasselbrad 503CXにPlanar 80mm f/2.8レンズで撮影しました。夕刻の本薬師寺跡です。

万葉歌碑 本薬師寺跡

 

 

興福寺東金堂より

昨年の10月に興福寺中金堂が再建され,実に興福寺にとっては,江戸時代以来の久々の中心的な建造物の復活でした。この度貫首が交代となり,この9月でその役目を終えられた多川俊映貫首は,中金堂の落慶法要を経て,興福寺に「天平の風が吹く」という表現をされました。僕もこの表現がこの地にはぴったりのような気がして,大変共感を覚えました。奈良には,まだまだ古都の雰囲気の残る場所が多く,その雰囲気を求めて今撮影をしています。下の写真は,興福寺東金堂から見た五重塔です。東金堂は聖武天皇が叔母元正太上天皇の病気全快を願って建立した建造物です。奈良時代以降,6度の被災,再建を繰り返し,今の建物は室町時代にあたる1415年に再建されました。手前の巨大柱の木目は経年変化のために美しくなっていて,さらに背景の塔がうっすらとぼけていて少しだけ距離感を与えています。撮影機材はHasselbrad 503CX,レンズはDistagon 60mm f/3.5です。

興福寺東金堂と五重塔

 

天香山神社にて

天香山神社の祭神は,櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)です。境内にある「朱桜(にわざくら)」という古名で知られる「波波架の木(ははかのき)」は,昔は占いに用いられたそうです。香具山の麓にあるこの神社の近くには,舒明天皇の大きな歌碑があります。萬葉の古都のイメージそのままの地であり,僕はこの場所が大変気に入っています。いつか香具山に登ってみたいのですが,まだその機会がありません。舒明天皇の歌碑に記された万葉集巻一の二番目に収録されている「舒明天皇の国見の歌」は以下の通りです。

萬葉集 巻一(二)
-----------------------------------------------
大和には 郡山(むらやま)あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見(くにみ)をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立つ立つ 海原(うなはら)は 鷗(かまめ)立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島(あきづしま)大和の国は 

訳:大和には多くの山があるけれど とりわけ立派な天の香具山 その頂に登って大和の国を見渡せば 土地からはご飯を炊く煙がたくさん立っているよ 池には水鳥たちがたくさん飛び交っているよ ほんとうに美しい国だ この蜻蛉島大和の国は

※「国見」とは、天皇が国土の繁栄をあらかじめ祝う儀礼行事のことです。

香久山は,古い伝承から「天から降ってきた」とされていて,大和三山の中にあっては最も神聖視された山です。大神神社のご神体が三輪山であるのと似ているような気がします。そんな香具山の麓にある「天香山神社」の鳥居と紙垂をハッセルブラッドでフィルム撮影しました。逆光でしたが,プラナー80㎜レンズのボケの美しさがクッキリと出ました。僕の使っているCレンズは,白鏡胴のT*コーティングではない個体です。7枚玉の写りのいいレンズです。

天香山神社の鳥居