古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

薬師寺與樂門の釘隠し

f:id:hasselblaphoto19:20211018203440j:plain

薬師寺與樂門の釘隠し

薬師寺與樂門の留め具に続き、こちらも巨大な釘隠し。京都御苑の蛤御門でも同じような形の釘隠しを見たことがある。日本の伝統的な意匠なのかもしれない。ユニークなデザインだと思う。モノクロームでは、釘隠しの金属の質感がよくあらわれていると思う。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

「私が薬師寺にハマる10の理由」

f:id:hasselblaphoto19:20211017024334j:plain

薬師寺與樂門の大きな留め具

今回のお題は,はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由」。僕がこのところずっと被写体にしている薬師寺にスポットをあてた。

「私が薬師寺にハマる10の理由」

  1. 白鳳文化期の歴史的遺産を多く残している
  2. 薬師寺東塔と西塔という古代のツインタワーがある
  3. 魅力的な被写体が多い
  4. 新旧の建造物のバランスがユニーク(築1300年の東塔と築30年ほどの西塔など)
  5. 境内が広く一日過ごしても飽きない
  6. お坊さんの法話がとても面白い
  7. 檀家寺でない点
  8. 期間限定公開など魅力的な展示が多い
  9. 写経を学ぶことができる
  10. 土産物がユニークで何かと買ってしまう

という感じである。まだまだ薬師寺の魅力を探して行きたいと思う。今回の写真は,薬師寺與樂門の大きな留め具である。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

 

薬師如来台座の文様

f:id:hasselblaphoto19:20211016142422j:plain

薬師寺金堂薬師如来の台座の文様

薬師寺の薬師三尊像のうち、真ん中の薬師如来像は、薬師寺創建当初より金堂に祀られている薬師寺のご本尊である。その台座の解説を薬師寺の公式サイトから引用すると、

薬師如来の座る宣字形(せんじがた)台座は、類例を見ない意匠を凝らしたものとして有名です。框にはギリシャ由来の葡萄唐草文様、ペルシャの蓮華文様が描かれます。中段には四面に6つの窓があり、窓の中から裸形の力神(蕃人)がのぞきます。また南北面の中段には堅牢地神(けんろうぢしん)が描かれ、柱状の須弥山(しゅみせん)とその上に座る薬師如来を支えています。下框には四方に中国の霊獣である四神(東=青龍・南=朱雀・西=白虎・北=玄武)が表現されています。特に翼を大きく広げた朱雀、胴長に描かれた白虎、丸く円をかたどる玄武の姿は、高松塚古墳やキトラ古墳の装飾壁画とも類似しており、 白鳳時代の文化を今に伝えています。

とある。感染症が収まらない現在の私たちの状況を改善してくれそうなありがたい存在の薬師如来像、その像高は大きく254.7㎝、いわゆる丈六像の大きさを誇っている。その薬師如来がどっしりとお座りになっている台座部分の文様を撮影。これはレプリカである。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

薬師寺境内に咲く花(その2)

f:id:hasselblaphoto19:20211014222647j:plain

薬師寺境内に咲く花

薬師寺境内に咲く白い花。花の名前は「ロマンゴールド」という。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

薬師寺境内の鐘楼

f:id:hasselblaphoto19:20211012214254j:plain

薬師寺境内の鐘楼

薬師寺境内にある鐘楼にて撮影。手前の木柱の木目を強調しつつ、背景の釣鐘を撮影。このレンズのアウトフォーカスが大変美しいと感じる。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

薬師寺大講堂の木柱

f:id:hasselblaphoto19:20211010215358j:plain

薬師寺大講堂にて

薬師寺大講堂にて撮影。木柱の木目が薄っすらと浮かび上がっていて経年変化を感じる。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。

人気ブログランキング

薬師寺東側回廊木扉の陰影

f:id:hasselblaphoto19:20211009105130j:plain

薬師寺回廊の木扉

午後からのやや西日が強めだった日の撮影。薬師寺東側の回廊の木扉の陰影が美しいと感じたシーン。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。このレンズ、結構強かった日射しにもかかわらず白飛びしないところが良い。木目もはっきりと残っている。

人気ブログランキング

薬師寺東院堂前にて

f:id:hasselblaphoto19:20211007222545j:plain

薬師寺東院堂前にて

まだ紅葉の季節には早すぎるが、青々としたモミジの葉も心地が良い。日中は暑いが、夕刻は少しずつ秋を感じさせる季節になってきたこの頃である。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。このレンズのボケ味がとても心地よい。

人気ブログランキング

薬師寺境内の木々と枯れ葉

f:id:hasselblaphoto19:20211006234823j:plain

薬師寺境内の木々

薬師寺境内の木々と枯れ葉。西日があたる回廊付近にて撮影。「滅びの美」という表現を写真家の入江泰吉さんはよく使われた。こういったシーンには、僕はそういったものを感じてしまう。撮影機材:LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Asphericalである。今回初めてこのレンズを使う。画像のシャープさはともかく、ボケ味が美しい。

人気ブログランキング

薬師寺玄奘塔境内の石床の意匠パターン

f:id:hasselblaphoto19:20211005184042j:plain

薬師寺玄奘塔境内の石床の意匠

薬師寺玄奘塔境内の石畳の意匠を撮影。シルクロードをイメージさせるようなデザインである。石畳の床面にこの意匠が等間隔に配置されていて美しい。撮影機材:LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。

人気ブログランキング