古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

ライカレンズの価格高騰(その2)

My favorites by Hiro .M on 500px.com

以前所有していたズマロン三半とLeica M1+Leica M8など

ライカレンズの価格高騰についての続編であるが、実際に2016年当時の自分が知る限りのライカレンズの相場と2022年現在の大雑把な相場を調べ比較して表にしてみた。

 レンズ名   2016年時の価格  2022年現在の価格
 Leitz-L Elmar 35mm f/3.5  58000円  120000円 
 Leitz-M Elmar 50mm f/3.5  45000円  88000円
 Leitz-L Elmar 50mm f/3.5(ニッケル)  65000円  110000円 
 Leica Summaron 35mm f/3.5(L)  45000円  88000円
 Leitz Summaron 35mm f/3.5(後期L)  75000円  150000円
 Leitz Summaron 35mm f/3.5(M)  75000円  150000円
 Leitz Summilux 35mm f/1.4(2nd)  180000円  420000円
 Leitz Summilux 50mm f/1.4(2nd)  210000円  428000円
 Leitz Summarit 50mm f/1.5(M)  100000円  180000円
 Leitz Summicron 50mm f/2(沈鏡胴)  80000円  168000円
 Leitz Summicron 50mm f/2(Rigid)  155000円  285000円
 Leica Summicron 50mm f/2(2nd)  135000円  168000円
 Leica Summitar 50mm f/2  48000円  85000円
 Leica Summar 50mm f/2(L)  35000円  88000円
 Leitz Hector 73mm f/1.9(L)  95000円  455000円
 Leica M4 BP  240000円  1490000円

主なライカレンズの価格の上昇具合を並べてみたが、大変高騰しているレンズとそうでないレンズがある。生産数の多いレンズは上げ幅があまりない。しかし、ズマロン三半のように生産数が多いと思いきやそれに似合わず高騰を続けているレンズもあり、2016年頃の値段はまだよかったと感じる。フィルムの価格高騰も気になるところであるが、ライカのフィルムカメラとそのレンズの価格の推移も見逃せない。

人気ブログランキング