古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

薬師寺勧進所のガラス戸

新型コロナウィルスの感染予防措置の一環として、薬師寺の名物といってもいい法話が現在中止になっていることが多い。薬師寺のお坊さんたちは、話術に優れ、この法話を何度か聞いたことがあるが、大変面白い。法話の日程など詳しくは薬師寺さんへ直接問い合わせ(TEL 0742-33-6001)するのがいいと思う。写真は、その法話がよく行われている勧進所で撮影した。中門前すぐのところにあり、この日は誰もいなかったため、入り口のガラス戸に映り込む薬師寺南側の回廊を撮影することができた。ズミクロン50㎜レンズのとろけるようなボケ味もいいと感じた。撮影機材は、ライカMモノクローム+Summicron 50mm f/2(2nd)。

5月3日(月・祝)白鳳伽藍での法話
11時~    講師:後藤信行
13時30分~ 講師:後藤信行
場所:勧進所

明日の予定は以下のようにツイッターに載っていた。

5月4日(火・祝)白鳳伽藍での法話
11時~    講師:後藤信行
13時30分~ 講師:安田奘基
場所:勧進所

状況により、変更・中止になる場合がございますということである。感染には十分に注意していただきたい。

f:id:hasselblaphoto19:20210503160208j:plain

薬師寺勧進所のガラス戸の映り込み

twitter.com