古都の名残を求めて

ハッセルブラッドで奈良をフィルム撮影したモノクローム写真のブログです。

興福寺北円堂の公開

今年5月に一般公開された興福寺北円堂ですが,再び10月17日(木)から国宝の仏像とともに一般公開が始まります。北円堂と同時に南円堂も公開されることは中々ない機会だと思います。北円堂は,興福寺創建者藤原不比等の一周忌にあたる養老5年(721)に,元明太上天皇元正天皇長屋王に命じて建立させました。治承4年(1180)の被災後、承元4年(1210)頃に再建され,興福寺の中では,最も古くから残る建造物の一つです。八角堂のシルエットの美しさと落ち着いた佇まいが古都の名残を感じさせます。5月の公開時もそうでしたが,仏師運慶作の無著像・世親像が今回も公開され,内陣の独特な美しさを堪能できます。ちなみに無著像・世親像の祖師像は再建された興福寺中金堂の法相柱にも描かれています。下の写真は,5月にハッセルブラッド503CX撮影した北円堂の格子窓です。木の質感と天平時代の建築様式にその時間の流れを感じました。使用レンズはPlanar 80mm f/2.8です。

興福寺北円堂の格子窓

 ツイッターでこちらの記事を見つけました。