古都の名残を求めて

古都の名残を求めて

古都奈良の雰囲気の残る場所をフィルムやデジタルで記録したモノクローム写真のブログです。

LeicaMMonochrom

本薬師寺東塔跡の礎石群(その6)

本薬師寺東塔跡の礎石群(その5) このところ段々と寒さがきつくなっている。奈良も2月が最も寒い時期なので、もうすぐ久々に雪が降るかもしれない。柔らかい太陽光が、本薬師寺跡の礎石群に反射して美しいと感じた瞬間。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ2…

本薬師寺跡金堂の礎石群(その5)

本薬師寺跡金堂の礎石群(その5) 本薬師寺跡金堂の礎石群シリーズがつづく。金堂の礎石と思われる巨石が境内に10個以上存在する。その一つ一つを丁寧に追っていきたいと思いながら写真を撮っている自分がある。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON…

本薬師寺跡金堂の礎石群(その4)

本薬師寺東塔跡の礎石群(その4) 午後からの日射しがとても柔らかくなった瞬間、それぞれの礎石に対して個性豊かに光を照らしていく。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm f/1.5である。 人気ブログランキング

本薬師寺跡金堂の礎石群(その3)

本薬師寺跡金堂の礎石群(その3) 本薬師寺金堂跡の礎石群シリーズ。レンズは、コシナのNOKTON Vintage Line 50mm f/1.5である。礎石の細かい粒上部分までしっかりと写しているところが、このレンズの描写力だと思う。オールドレンズにはない写りである。撮…

本薬師寺跡金堂の礎石群(その2)

本薬師寺跡の礎石群 午後からの柔らかい日差しが礎石群にあたった時の陰影。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm f/1.5である。 人気ブログランキング

本薬師寺跡金堂の礎石群

本薬師寺跡の礎石群 大官大寺跡から歩いて約20分のところに本薬師寺跡がある。本薬師寺跡は、近鉄畝傍御陵駅前から歩けば約15分ほどなので、そちらから行く方が近い。今回はNOKTON Vintage Line 50mm f/1.5を使っての撮影。前回とは違う礎石群の陰影を撮って…

大官大寺跡から香具山を望む

大官大寺跡から香具山を望む 大官大寺跡から香具山までは歩いてすぐである。藤原京時代には、大官大寺では金堂と講堂が同一の規模と構造だったことが分かっており、藤原宮大極殿と並ぶ大きさだったようである。そこから真っすぐ北に香具山が見えるというのは…

大官大寺九重塔の跡地

大官大寺跡にて 大官大寺とは、もともとは舒明天皇(天武天皇の父)が建立したとされる『百済大寺』がその起源とされ、その後、新たに高市の地へ移し建てた『高市大寺』になったと言われている。しかし最近では諸説があり、高市大寺の存在そのものが疑問視さ…

大官大寺跡にて

大官大寺跡にて 甘樫丘から歩いて約20分で、写真の大官大寺跡に行くことができる。かつての藤原京の官寺として栄えた大官大寺の栄華の痕跡はなく、今はただ石碑が建つのみである。古都の名残と滅びの美を感じる場所。曇り空がモノクロームの写真によく映える…

雷丘近くの万葉歌碑

雷丘付近の万葉歌碑 甘樫丘から大官大寺跡へは歩いて約20分ほどで行ける。その途中に雷丘(いかづちのおか)がある。『日本書紀』や『日本霊異記』に雄略天皇にまつわる逸話が残されている本当に小さな丘という感じの場所である。さらに少し歩くと写真のよう…

甘樫丘から香具山への道

香具山を望む遠景 甘樫丘から大官大寺跡へ向かう途中で撮影。「あすか夢の楽市(農産物直売所)」付近から香具山(天香具山)を望む。奈良らしい風景が続くところ。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Summilux 35mm f/1.4(2nd)である。 人気ブログランキ…

甘樫丘にある”甘樫茶屋”

甘樫丘にある”甘樫茶屋” 甘樫丘にある『甘樫茶屋』。小説に出てきそうな店名がいい。周りにはここ以外殆どお店がない。撮影機材はLeicaMMonochrom(Typ246)+Summilux 35mm f/1.4(2nd)である。 人気ブログランキング

甘樫丘に置かれた万葉歌碑

甘樫丘に置かれた万葉歌碑 甘樫丘の中腹に置かれた万葉歌碑。詠み手の志貴皇子は天智天皇の皇子であった。万葉集には、志貴皇子の歌が6首載せられている。そのうちの一つがこの歌碑のもので、「采女の袖吹きかへす明日香風 京都(みやこ)を遠み いたづらに…

甘樫丘からの遠景(その3)

甘樫丘からの遠景(東側) 甘樫丘から見た東側の遠景。御破裂山(ごはれつやま)や多武峰へと続く風景。御破裂山は、談山神社を南山麓に擁し、「天下に事変あれば事前にこれを察知し鳴動する」と伝えられる山である。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Su…

甘樫丘からの遠景(その2)

甘樫丘から耳成山と香具山を望む 甘樫丘からは、大和三山を全て見渡すことができる。同時に往時の藤原京を一望することができたはずである。まさに藤原万葉の世界を堪能することができる最適な場所でもある。写真には、中央に耳成山が、右手には木に少し隠れ…

甘樫丘からの遠景(その1)

明けましておめでとうございます。写真は甘樫丘からの遠景。中央に見えるのは大和三山の一つである畝傍山。その奥には二上山が伺える。かつて栄えた藤原京をこの丘からは一望できる。古都奈良の名残を感じさせる素晴らしい眺め。本年もよろしくお願いします…

本薬師寺東塔跡の礎石群(その2)

本薬師寺東塔跡の礎石群(その2) 本薬師寺東塔跡のシリーズの続き。今は礎石しか残されていないが、礎石の上に巨大な木材を載せ、ズレないような工夫がこの礎石の加工跡に見て取れる。先人たちの技術力の高さに感心してしまう。撮影機材は、LeicaMMonochro…

本薬師寺東塔跡の礎石群(その1)

本薬師寺東塔跡の礎石群(その1) 本薬師寺東塔跡の礎石群の一つ。全部で12個ほどの礎石がこの周辺に並んでいる。いずれも人の手で加工されている痕跡が残っている。現在の西ノ京の薬師寺東塔の原型がこの場所に建っていたかと思うと、時間の大きな流れと…

本薬師寺跡から畝傍山を望む

本薬師寺跡から見た畝山 本薬師寺の東塔跡から畝山を望む。この日は雲の広がりがいい感じであった。畝傍山は、耳成山、天香具山とともに、藤原京を守護する大和三山の一つであった。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Summilux 35mm f/1.4(2nd)である。藤…

本薬師寺東塔跡の心礎

本薬師寺東塔跡の心礎 本薬師寺金堂の礎石群から少し離れた場所に、東塔跡がある。ここには写真中央の東塔の心礎が残されている。本薬師寺西塔の心礎と違い、こちらには心柱を嵌め込む大きな穴が設けられている。石の素材からしても西塔のものとは違っている…

本薬師寺の礎石群(その3)

本薬師寺の礎石群(その3) 本薬師寺の礎石群シリーズ。どの礎石にもそれぞれの表情があり興味深いものである。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Summilux 35mm f/1.4(2nd)である。 人気ブログランキング

本薬師寺の礎石群(その2)

本薬師寺の礎石群(その2) 本薬師寺の礎石群。おそらく金堂のものと思われる礎石の一つに太陽光が反射したシーン。12月の時期の冬の太陽光は強過ぎずいい感じである。もちろんSummilux 35mm f/1.4(2nd)レンズの描写の素晴らしさも見逃せない。撮影機材は…

LeicaMMonocrom(Typ246)+NOKTON vintage line 50mm f/1.5 Aspherical VMレンズ

LMM(Typ246)+NOKTON Vintage Line 50mm f/1.5レンズ 最近のお気に入りレンズは、LeicaMMonocrome+NOKTON Vintage Line 50mm f/1.5レンズの組み合わせである。シルバーの鏡胴がオリジナルのNOKTON 50mm f/1.5に近いイメージであるが、ブラックの鏡胴もなか…

薬師寺境内の枯れ紅葉

薬師寺境内の枯れ紅葉 秋の紅葉の季節も過ぎて、すっかり冬景色に変わりつつある境内。綺麗だった紅葉もすっかり色褪せている。そんな枯れた紅葉に日が射し込んでいるワンシーン。奥には薬師寺東院堂の一部が写っている。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246…

薬師寺の中門の木柱

薬師寺中門の木柱 薬師寺中門の木柱の一つを撮影。境内にあっては、比較的新しい柱であるが、それでも既に30年以上は経過していると思われ、朱塗りの部分が剥げてきている。その経年変化もモノクロームでは美しいと感じてしまう。Jupiter-8 50mm f/2レンズの…

薬師寺中門に置かれた線香

薬師寺中門に置かれた線香 撮影は薬師寺中門にて。大きな香炉にお線香を手向ける場所。それが流儀なのか、お線香の束を取り、そのまま火をつけて手向ける方がおられた。香炉が巨大なだけにその方がバランスが取れていると感じた。撮影機材は、LeicaMMonochro…

薬師寺境内に置かれた礎石群

薬師寺境内の礎石群 薬師寺の與樂門をくぐって真っすぐ進み、左へ曲がってさらに進むと東僧房の向こうに写真の礎石群が置かれている。説明書きが何もないので、この礎石群は、どの建造物のものなのか知らない。まだ復興できていない往年の建造物があり、その…

雨上がりの薬師寺境内にて

雨上がりの薬師寺境内にて 雨上がりの薬師寺境内を撮ったワンシーン。このレンズの背景のボケ味がなかなか良いと思う。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。 人気ブログランキング

薬師寺の大燈籠から望む西塔

薬師寺西塔と大燈籠 薬師寺の大燈籠越しに西塔が重なる場所。西塔の横には大きな松が存在感を放つ。撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。 人気ブログランキング

薬師寺大講堂の木扉

薬師寺大講堂の木扉 釘隠しが整然と並んだ大講堂の扉。薬師寺境内にて撮影。撮影機材は、撮影機材は、LeicaMMonochrom(Typ246)+Jupiter-8 50mm f/2である。人気ブログランキング